FXの時間ですよ~

基本はテクニカル分析による裁量トレード、システムトレード構想中、MetaTrader4を駆使して安定的に年間10,000pipsを目指します。

 
Information
2011/10/01 ブログのタイトルとテンプレートを変更しました。これからもよろしくお願いいたします。


当ブログは、投資勧誘や通貨の推奨、投資助言等を行うものではありません。あくまで管理人の個人的投資記録や感想などを綴ったものです。投資は元本割れなどリスクがつきものですから、ご自分の判断、自己責任で行ってください。当ブログの情報等に基づいて被った損害については、一切の責任を負えませんので、ご了承下さい。


 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月最終週です 頑張りましょう


Category: 今週の戦略   Tags: ---
 先週も円安が続き、天井知らずで、どこまで上昇するのか注目の的となっています。かなり高値圏での推移だと思うので、そろそろ大きな調整があってもおかしくないし、そう思っている人も多いでしょう。そんな状態なので米ドル円、クロス円ともロングでもショートでも手掛け辛いですね。手掛けるなら超短期に限定して、細かく利益を積み上げるのが、リスクを最小限に抑える方法かもしれません。
 一方、ドルストレートは相対的にドル売り傾向で推移しています。米債長期金利の動向次第でしょうが、この傾向はまだしばらく続くのではと考えています。また先週大きく買われたスイスフランの動向にも注目したいと思います。スイスは政策金利を引き上げるだけでなく、短期のレポ金利引き上げ、外貨預金の準備率引き上げの追加的措置を講じたことでスイスフランが大幅に上昇したようです。
 今週は、先週と比べて注目される経済指標の発表が多いので、円キャリートレードの巻き戻しに繋がるようなことも十分警戒しながらのぞみたいと思います。


USDJPY日足 【USD/JPY】
 ボリジャーバンド+2σに沿って堅調に推移しているが、さすがに124円台にはいると売り圧力も相当なもの。先週末、比較的長い上ヒゲを残した。上値重く一旦調整も考えられるが、下値目途は123円Lowから122円Highまでだろう。短期的には保合ないしジリ高を想定。

EURJPY日足 【EUR/JPY】
 週半ばは売り買いが拮抗し、小動きで方向感が掴めなかったが、週末上抜け、166円Highまで上昇した。高所恐怖症でエントリーし辛いが、あれよあれよと上昇してしまいそう。165円Midから164円Midあたりまで調整してくれると良いのだが。短期的には保合ないし小幅調整を想定。

GBPJPY日足 【GBP/JPY】
 ボリジャーバンド+2σに沿って実に堅調に推移し、248円目前まで迫った。次の目標は249円か?上昇ピッチが早すぎる感じがする。今年1月の上昇時と似ており、そろそろ調整があってもおかしくないレベルだと思うが、かといってショートでエントリーするのは少々気が引ける。やはり押し目を待ってのロングが無難かもしれない。短期的には調整を想定。

EURUSD日足 【EUR/USD】
 一目均衡表(日足)の基準線に頭を押さえられ一時軟調になったが、雲の下限や1/12安値~4/27高値間のフィボナッチリトレースメント38.2%ラインがサポートとして機能した。週末一目均衡表の基準線を超える上昇となり、上昇トレンドに変わってきそうな感じである。1.3490~1.3500、1.3520~1.3530とレジスタンスが控えており、上値の重い展開も予想される。1.34Lowに基準線、20日移動平均線、90日移動平均線が集まっており、強力なサポートとして機能しそうである。

GBPUSD日足 【GBP/USD】
 一目均衡表の雲の上限を上抜け、さらに6/5の高値を超えてきた。再度2.0100超えを目指す展開に移ってきた。このまま一気に突き抜けそうな感じがする。1.99Lowから1.98Midまで調整すれば迷わず買いか。短期的には上昇を想定。

USDCHF日足 【USD/CHF】
 週末大きな下落となった。200日移動平均線、一目均衡表の基準線も下抜き、1/31高値~4/25安値間のフィボナッチリトレースメント50.0%ラインで一応反発した。この先さらに下落することも考えられる。その場合、1/31高値~4/25安値間のフィボナッチリトレースメント38.2%ライン及び90日移動平均線の位置する1.2220あたりまでか。このまま反発し200日移動平均線を超えてくれば逆指値でロングが妙味かも。短期的には下押しを想定。

EURCHF日足 【EUR/CHF】
 USD/CHFと同様にスイスフランが買われ週末大きな下落に繋がった。それでも一目均衡表の基準線がしっかりサポートとして機能している。この位置には20日移動平均線もあり、サポートとしてもしっかりしているだろう。仮にさらに下落が続けば、雲上限の1.65Lowが目安となるだろう。短期的には反発を想定。

GBPCHF日足 【GBP/CHF】
 USD、EUR同様に週末スイスフランが買われ大きな下落となった。なんとか一目均衡表の転換線で下落が止まっているが、さらに下落が進みそうな感じがする。その場合、基準線、20日移動平均線が位置する2.44Midから2.44Lowあたりが目途か。いずれにしてもスイスフランの動向次第。

【その他】
 オセアニア通貨は堅調な上昇となったが、週末のNYタイムではそれまでの上昇ピッチが急であったことなどから利益確定の売りとみられる動きが見られ反落する軟調な展開となった。今週はニュージーランドの貿易収支、経常収支、第1四半期GDPの発表が予定されており、オセアニア通貨の動向が注目される。

AUDJPY日足 NZDJPY日足 AUDUSD日足 NZDUSD日足 CHFJPY日足


【今週の狙い】

通貨ペア

ポジション
指値(逆指値)
リミット
ストップ
USD
/
JPY
ロング
122.80 123.80 122.50
EUR
/
JPY
ロング
164.50 165.50 163.90
GBP
/
JPY
ロング
245.80 247.30 244.90
AUD
/
JPY
ロング
103.00 104.00 102.60
NZD
/
JPY
ロング
91.80 93.00 91.00
CHF
/
JPY
ロング
99.30 100.20 98.90
EUR
/
USD
ロング
1.3410 1.3500 1.3370
GBP
/
USD
ロング
1.9870 2.0050 1.9800
EUR
/
GBP
ロング
0.6700 0.6760 0.6670
USD
/
CHF
ロング
1.2235 1.2500 1.2190
EUR
/
CHF
ロング
1.6520 1.6630 1.6470
GBP
/
CHF
ロング
2.4480 2.4700 2.4310


スポンサーサイト

どこまでも続く円安


Category: トレード実績   Tags: ---
 今週は重要な経済指標等の発表が少なく材料難の中、週初めと週終わりに大きく動きました。それも円独歩安状態。ここまで米ドル円、クロス円とも上昇するとは思ってもいませんでした。押し目らしい押し目もなく、ジリジリ上げると思いきや急激に上昇しだしたりで、高値圏であることもあって、なかなか手掛けにくい状態でした。少々、その駆け上がり方が急激過ぎ、過熱感が強まっているので、その反動が気になります。それにしてもどこまで円安は続くのでしょうか?

 今週はノーポジの状態からのスタートだったので、じっくりと待つことに徹しました。といっても余り外為に時間を割くことができませんでしたので、今週もほとんど放置状態に近いものでした。そんな中でも、ボラの高い動きもあり、新たなポジションが5つでき、1つは利確しました。その中でチョットやばそうなのがUSD/CHF。昨日、スイスフランが大きく買われ、USD/CHFを始め、GBP/CHFEUR/CHFが急落しています。これが一時的な調整なのか、しばらく継続するのか、良く分からないので、週明けの状況によっては、早めに手仕舞うことも考える必要がありそうです。


【今週の実現損益】
 EUR/USD Short 1.3430 → 1.3380 + 50pips

【保有ポジション(含み損益)】
 EUR/GBP Long 0.6740 (- 4pips)
 USD/CHF Long 1.2320 (-26pips)
 USD/CAD Long 1.0640 (+51pips)
 EUR/AUD Long 1.5810 (+91pips)


新しいサービスが目白押しです


Category: FX業者   Tags: ---
 口座数、預かり資産No1の外為どっとコムが手数料0円の短期トレード専用の新口座をスタートさせる告知を契機に、各社顧客獲得のため新サービスを展開する動きが活発になっています。特にボーナスシーズンを迎えて、最近新たなサービス内容の発表が相次いでいます。
 たとえば、FXプライム手数料0円コースを7月上旬に開始したり、スプレッドが広かったことがネックだったFX Online Japanではスプレッド変更を打ち出し、FXA証券ではスプレッド改定が既に行われ、トウキョウフォレックスではスプレッドゼロキャンペーンを開始し、パンタ・レイ証券のみんなのFXではレバレッジ300倍、スプレッド1銭からとしているなど競争が激化しています。我々にとっては喜ばしいことですが、信頼性も高めていってもらいたいところです。

 これを良い機会として、久しぶりに手数料無料の主なFX業者のスプレッド、スワップ金利についてまとめてみましたので、新たに口座開設を検討されている方は参考にしてください。 →
 これを見るとパンタ・レイ証券の「みんなのFX」がダントツにスプレッドが狭く短期トレードには打って付けかもしれません。JASDAQ上場の株式会社ジャレコ・ホールディングの100%子会社で、資本金を4億5千万円に増資するなど、信頼性もまぁまぁかなと思いますが、10万円の初回入金が少々ネックになるかも。デモトレードが今のところ用意されていないのでトレードシステムの使い勝手がどうか分かりませんが、口座開設してみる価値はありそうです。

ジリジリ上昇を続けそう


Category: 今週の戦略   Tags: ---
 先週後半から大きく動いてきましたね。それまでのドル買い、ユーロ売りの状態から一変して円売りが加速し円独歩安状態。7月の追加利上げ観測が後退したことで、またしばらく円売りが継続しそうな状況ですが、これだけ軒並み上昇してしまうと、エントリーするタイミングが難しいですね。高値掴みしないように慎重に押し目を待っていれば、そのままズルズル上昇し続け、かといってむやみにエントリーすると急落にあったりと・・・しばらくは長く保有することなく短期で回していったほうが良いでしょう。そして再び大きく下落したときに長めに保有するようにしたいですね。

 さて先週のトレードですが、といってもほとんど指値注文、ストップ注文、リミット注文を入れっぱなしの放置状態でしたが、後半大きく動いてきたためトレード数が増えました。少し時間があった時にメンテナンスしただけのため本来ならストップに掛からなくても早めに逃げる場面もありましたが、それは致し方ありません。今週も基本的に放置状態となりそうです。ただ現在保有ポジションはないので、じっくり指値約定するまで待ちの状態が続きます。


【先週の実現損益】
 EUR/CHF Long 1.6470 → 1.6560 + 90 pips
 EUR/GBP Long 0.6760 → 0.6730 - 30 pips
 GBP/CHF Long 2.4200 → 2.4500 +300 pips
 USD/JPY Long 121.00 → 122.50 +150 pips
 EUR/JPY Short 163.50 → 164.10 - 60 pips
 GBP/JPY Short 241.50 → 242.50 -100 pips
 CHP/JPY Long 98.30 → 97.80 - 50 pips
 CHF/JPY Long 97.90 → 99.20 +130 pips
 EUR/USD Long 1.3320 → 1.3280 - 40 pips

【保有ポジション】 なし


【USD/JPY】
 大きな壁ととなっていた122.20円を一気に突き抜け大きな上昇となった。もう少し時間を要すると思っていたので想定外。今後は125円を目指して上昇を続けることになりそうである。目先過熱感が高いので122円台まで調整することは十分あると考えており、その時がチャンスかも。

【EUR/JPY】
 3円近い調整で一目均衡表の雲上限まで下落したが、そこから急反発し一気に165円も超えてしまった。まだしばらくユーロ売りが続き、161円Lowから160円Midあたりまで調整すると考えていたので、まったく当てが外れてしまった。今後、どこまで上昇するのか想定できないので、基本的には様子見がよさそう。それじゃなければスキャルピングで細かく利益の積み上げが有効かも。

【GBP/JPY】
 先々週の238円を割る調整から、一目均衡表の基準線を回復し大きな上昇となった。241円Lowに20日移動平均線、一目均衡表の基準線、転換線が集中しており、強力なサポートとして働きそうである。大きな下落もなく、レンジ相場を想定しており、241円Low~Midは買い場だろう。

【AUD/JPY】
 100.50円を上抜けてから堅調に推移している。当面の目標は104.50円あたりを想定しているが、資源国通貨が強い中、どこまで上昇していくのか、天井を探るのは難しい。しばらくは様子見がよさそう。

【NZD/JPY】
 思いがけない政府介入により対ドルに対して売られたため、大きな下落となったが、週末までには取り返し93円を超えてきた。高金利通貨で根強い買い意欲が潜在しているので今後も堅調に推移するだろう。こちらもオージー同様様子見がよさそう。

【EUR/USD】
 1月22日安値から4月27日高値の50%戻し付近でリバウンドする形になった。これでユーロ売りの調整は終わり、上昇に転じてくるのか注目。90日移動平均線及び一目均衡表の雲の下限まで上昇してきているが、そのすぐ上には一目均衡表の転換線、基準線、20日移動平均線が待機しており、この抵抗を突破してくるかがカギとなりそう。さいど1.33MidからLowまで下落してくれば迷わず買いだろう。

【GBP/USD】
 一目均衡表の雲の下限がサポートとして機能しているが、上値も一目均衡表の基準線、転換線、20日移動平均線が1.9800付近に集中しており、レジスタンスとなっている。どちらを突破してくるのか注目。それまでは1.9700~1.9800での保合となり、超短期で利益を稼げるかもしれない。


【今週の狙い】

通貨ペア

ポジション
指値(逆指値)
リミット
ストップ
USD
/
JPY
ロング
122.20 123.40 121.60
EUR
/
JPY
ロング
162.20 164.50 161.80
GBP
/
JPY
ロング
240.00 242.50 239.00
AUD
/
JPY
ロング
100.50 102.00 99.80
NZD
/
JPY
ロング
91.10 93.50 90.50
CHF
/
JPY
ロング
98.80 99.70 98.45
EUR
/
USD
ショート
1.3430 1.3370 1.3460
GBP
/
USD
ロング
1.9700 1.9800 1.9640
EUR
/
GBP
ロング
0.6740 0.6860 0.6700
USD
/
CHF
ロング
1.2320 1.2500 1.2270
EUR
/
CHF
ロング
1.6500 1.6600 1.6450
GBP
/
CHF
ロング
2.4360 2.4600 2.4280


ユーロ売りはどこまで続くのか


Category: 経済指数   Tags: ---
 一週間ぶりの更新になってしまいました。正直言って、今週は疲れ果てました。外為相場なんて見ている暇は全くなく放置状態になってしまいました。今週もそんな状態になるかもしれません。

 先週は各国の政策金利の発表が行われ、ニュージーランドを除けば市場予測どおりとなりましたが、大きく相場が動いてきました。キャリートレードの巻き戻しというよりもユーロが売られたことで、それに連動して米ドル円、クロス円が下落したように感じました。それでも米ドル円は底堅く、大きな下落にはなっていませんし、頭を押さえられていた121.50円も上抜けてきました。またオセアニア通貨も引き続き力強い動きとなっています。今週はどうなるのでしょうか?もう少しユーロ、ポンドは調整を続けるように感じています。

 先週のトレードもほぼ放置状態でした。今週も放置状態になりそうなので、しっかりストップ注文を入れてのぞみたいと思います。

【先週の実現損益】
 USD/CHF Long 1.2230 → 1.2300 + 70pips
 EUR/JPY Short 162.85 → 162.10 + 75pips
 GBP/JPY Long 239.80 → 239.30 - 50pips
 NZD/JPY Short 91.00 → 91.20 - 20pips

【保有ポジション】
 EUR/CHF Long 1.6470
 EUR/GBP Long 0.6760
 GBP/CHF Long 2.4200
 USD/JPY Long 121.00


【USD/JPY】
 122円を超えたところから調整が強まり121円割れまで下落したが、しっかり一目均衡表の基準線にサポートされた。週末にはこれまで頭を押さえられていた121.50円を上抜け、さらに転換線も上抜け、再度122円台を目指す展開となっている。発表される経済指標の結果次第では、瞬間的に122円台に到達する可能性は高いものの、やはり122円台は大きな壁なので、定着するにはしばらく持ち合いを続けエネルギーを蓄えてからでないと難しいのではないだろうか。

【EUR/JPY】
 164.50円にタッチしてから大きな調整となった。先週末、161円台まで下落するもリバウンドして、長い下ヒゲをともなった陽線引けとなった。ただ上値は、一目均衡表の基準線に抑えられているので、さらに上昇していくか疑問。とりあえず戻り売り戦略が有効のように思われる。

【GBP/JPY】
 243円寸前からユーロ円と同様に大きな調整となった。一目均衡表の基準線も下抜け、ボリジャーバンドの-2σでようやくリバウンドし、先週末、長い下ヒゲをともなった陽線引けとなった。上値は、基準線及び20日移動平均線に押さえられているので、再度下落するかもしれない。ユーロ円と同様に戻り売り戦略か。

【AUD/JPY】
 102円台に到達し103円台を目指す展開に。当面の目標は130.30~50円あたりか。超短期的には103円台でショートを仕掛け、102円台で利確が有効だろう。

【NZD/JPY】
 市場予想に反し、先週政策金利を0.25%追加利上げし8.00%となり、サプライズとなった。一気に92円Highまで上昇している。この先93円台はおろか、94円台までの上昇もありそう。押し目買いに徹したい。

【EUR/USD】
 一目均衡表の雲の上限を超え、調整を終えて本格的に上昇かと思わせたが、その後、ユーロの売りがきつくなり大幅な下落。雲の下限も下抜け、1.33Lowまで下落するも雲の下限までリバウンドした。この位置は90日移動平均線も位置しており、強力なサポートとなるかもしれないが、再度下落し始めれば、1.33割れもあり得そう。じっくり待って押し目買いがいいかも。

【GBP/USD】
 1.99を上抜け再度2.00を目指す上昇が実現するかと思われたが大きな調整となってしまった。一目均衡表の雲の下限を下抜けたところから雲の中、90日移動平均線付近までリバウンドしたが、売り圧力が強そう。再度の下落を待って押し目買いといきたい。


【今週の狙い】

通貨ペア

ポジション
指値(逆指値)
リミット
ストップ
USD
/
JPY
ロング
120.85 122.20 120.60
EUR
/
JPY
ショート
163.50 162.50 164.10
GBP
/
JPY
ショート
241.50 237.50 242.50
AUD
/
JPY
ロング
100.40 101.50 99.80
NZD
/
JPY
ロング
89.00 91.00 88.50
CHF
/
JPY
ロング
98.30 99.20 97.80
EUR
/
USD
ロング
1.3320 1.3410 1.3280
GBP
/
USD
ロング
1.9550 1.9650 1.9480
EUR
/
GBP
ロング
0.6745 0.6850 0.6700
USD
/
CHF
ロング
1.2305 1.2400 1.2250
EUR
/
CHF
ロング
1.6430 1.6560 1.6400
GBP
/
CHF
ロング
2.4100 2.4400 2.4050

政策金利の発表が続く


Category: 今週の戦略   Tags: ---
 今週はRBA政策金利の発表を皮切りに、ECB、RBNZ、BOEと政策金利の発表が相次ぎ、また米国関係ではISM非製造業景況指数、貿易収支の発表がありと、波乱含みの展開が予想されます。中でも最も注目されるのは、ECB政策金利発表とその後のトリシェ総裁の記者会見でしょう。今後の金融政策の動向によりユーロの方向性が見られるようになるかもしれません。

 先週も基本的に放置状態でした。保有ポジションに変更はなく含み益となっていますが、どのタイミングで利確するか思案しています。USD/CHFは、200日移動平均線に頭を押さえられていますが、ここを上抜けば大きな上昇に繋がるのではと思っています。20日移動平均線と90日移動平均線がクロスしたので短期上昇しそうな感じがしますが・・・EUR/CHFは、20日移動平均線を上抜いてきました。今後、20日移動平均線がサポートとして働いてくれるといいのですが、それでもボリジャーバンドの+2σが位置する1.6570あたりで一旦利確する予定でいます。EUR/GBPは、90日移動平均線に下値をサポートされており、上値は20日移動平均線に押さえられている格好となっているが、再度、0.6850あたりまで上昇するまでは保有し続ける予定でいます。

【保有ポジション】
 USD/CHF Long 1.2230
 EUR/CHF Long 1.6470
 EUR/GBP Long 0.6760


【USD/JPY】
 先週末の雇用統計、ISM製造業景況指数などを好感して、2月12日以来の122円台に乗せてきた。この先122円台で地固めできるかどうかが問題。目先の目標達成感から調整するのではないかと思う。超短期ならば、122円台でショートして121円Midで利確がいいかもしれない。121.85円を下回ってくると、再度、121円Low~121円Highの高値レンジ相場に。下落しても120.50円あたりまでがせいぜいかもしれない。

【EUR/JPY】
 水曜日にECB政策金利発表とトリシェ総裁の記者会見が予定されており、それまでは神経質な動きになるだろう。今月利上げ予定であり、既に市場は織り込み済みなので、今後の金融政策の動向が注目される。それによっては、ユーロ売りに繋がるかもしれない。先週、一時的に164円台に乗せてきたが、押し返されており、164円台定着は困難な状況。164円台になればショートか??

【GBP/JPY】
 241円Midで頭が重い状態が続いている。下値も240円でしっかりサポートされており底堅い感じがする。木曜日にBOE政策金利の発表があり、基本的には据え置きだと思われるが、2ヶ月連続の利上げとなればサプライズで、大きく上昇することも考えられる。それまでは超短期なら241円Highでショート、241円Lowで利確か。

【AUD/JPY】
 100.50円を上抜け、大きな上昇となった。どこまで上昇していくのか分からず、様子見がよさそう。99円Lowのサポートはしっかりしているので、再度そこまでの調整を待ってロング。水曜日にRBA政策金利の発表がある。

【NZD/JPY】
 1ヶ月半に及ぶ88円台でのレンジ相場であったが、ようやく89円台に乗せたかと思ったら、一気に90円Midまで上昇した。AUD/JPYと同様に、この先どこまで上昇するか分からないので様子見がよさそう。再度88円台まで調整されればロングか。木曜日にRBNZ政策金利の発表がある。

【EUR/USD】
 先週末、1.34を下回ったが、1.33台に入ると買い意欲が強く、1.34Midまで跳ね返した。基本的に転換線に頭を押さえられており、ユーロ売りが優勢な状況が続いているが、1.34Mid~Lowで底堅く展開している。再度、1.34を下回ってくれば買い場だと思われるが、雲の下限を下回るとさらに下落も考えられる。

【GBP/USD】
 綺麗に上値を切り下げながら下降トレンドを形成している。再度90日移動平均線に近づいてきており、ここらで反発するのではと考えている。


【今週の狙い】

通貨ペア

ポジション
指値(逆指値)
リミット
ストップ
USD
/
JPY
ロング
120.60 122.00 119.90
EUR
/
JPY
ショート
(162.85) 162.10 163.05
GBP
/
JPY
ロング
239.80 241.60 239.30
AUD
/
JPY
ロング
98.95 99.90 98.50
NZD
/
JPY
ショート
91.00 89.00 91.20
CHF
/
JPY
ロング
98.15 99.30 97.70
EUR
/
USD
ロング
1.3380 1.3480 1.3340
GBP
/
USD
ロング
1.9700 1.9850 1.9660
EUR
/
GBP
ロング
0.6760 0.6865 0.6730
USD
/
CHF
ロング
1.2000 1.2330 1.1940
EUR
/
CHF
ロング
1.6440 1.6550 1.6400
GBP
/
CHF
ロング
2.4200 2.4410 2.4150

06 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05

07


 
FX事業者
店頭取引
外為オンライン
FOREX.COM
FX ブロードネット
カブドットコム証券
外為ジャパン
AVAトレードジャパン
DMM FX
アイネットFX
マネーパートナーズ
フィリップ証券
JFX
みんなのFX
マネースクエアジャパン
インヴァスト証券
 
LION FX
GMO
取引所取引
インヴァスト証券
FXブロードネット
GMOクリック証券
 
Powered By FC2ブログ
 


Archive   RSS   Login

メンズコスメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。