FXの時間ですよ~

基本はテクニカル分析による裁量トレード、システムトレード構想中、MetaTrader4を駆使して安定的に年間10,000pipsを目指します。

 
Information
2011/10/01 ブログのタイトルとテンプレートを変更しました。これからもよろしくお願いいたします。


当ブログは、投資勧誘や通貨の推奨、投資助言等を行うものではありません。あくまで管理人の個人的投資記録や感想などを綴ったものです。投資は元本割れなどリスクがつきものですから、ご自分の判断、自己責任で行ってください。当ブログの情報等に基づいて被った損害については、一切の責任を負えませんので、ご了承下さい。


 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」の解釈は??


Category: その他   Tags: ---
 昨日お伝えした金融庁が公表した「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等について、じっくりとその内容を考えてみたところ、今まで考えていた内容とはちょっと違うのではという疑問が沸いてきました。

 「金融商品取引業等に関する内閣府令」の改正案では、その第百十七条第一項第二十七号では、

 通貨関連デリバティブ取引(第百二十三条第一項第二十一号の二に規定する通貨関連デリバティブ取引をいい、決済のために行うものを除く。以下この号、次号及び第三項において同じ。)に係る契約を締結する時において顧客(個人(金融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第十条第一項第二十四号ロ⑴に掲げる要件に該当する業務執行組合員等(金融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第十条第一項第二十三号に規定する業務執行組合員等をいう。以下この号において同じ。)が業務執行組合員等として通貨関連デリバティブ取引を行う場合を除く。)に限る。以下この号、次号及び第三項において同じ。)が証拠金等預託先(金融商品取引業者等又は金融商品取引所若しくは金融商品取引清算機関(外国におけるこれらに相当するものを含む。)をいう。以下この号及び次号において同じ。)に預託した証拠金等(委託証拠金その他の保証金をいう。同号において同じ。)の額に当該通貨関連デリバティブ取引を決済した場合に顧客に生ずることとなる利益の額を加え、又は当該通貨関連デリバティブ取引を決済した場合に顧客に生ずることとなる損失の額を減じて得た額(同号において「実預託額」という。)が金融庁長官が定める額に不足する場合に、当該契約の締結後直ちに当該顧客にその不足額を証拠金等預託先に預託させることなく、当該契約を継続する行為

と規定されています。
 顧客サイドから見た分かりやすい表現にすると、『新規にポジションを持つ場合、保有ポジションの含み損益を加減した実預託額が金融庁長官が定める額に不足する場合は、不足分を新たに預託するか、預託しなければ新規にポジションを持つことができない』となると思うのですが・・・・
 それに「第百二十三条第一項第二十一号の二に規定する通貨関連デリバティブ取引」とありますが、「第百二十三条第一項第二十一号の二」は本府令の第百二十三条第一項第二十一号の二を指すと思いますが、本府令には「第百二十三条第一項第二十一号の二」の条項が見あたらないのですが、これは何を指しているのでしょうか??

 また、同第二十八号では、

 その営業日ごとの一定の時刻における通貨関連デリバティブ取引に係る証拠金等の実預託額が金融庁長官が定める額に不足する場合に直ちに当該通貨関連デリバティブ取引に係る顧客にその不足額を証拠金等預託先に預託させることなく、当該通貨関連デリバティブ取引に係る契約を継続する行為

と規定されています。
 これは『ある一定の時刻に実預託額が金融庁長官が定める額に不足する場合は、直ちに追証を請求され、追証がなければ強制ロスカットされる』と読めます。

 さらに第百十七条第三項では、

 第一項第二十七号に規定する実預託額及び金融庁長官が定める額並びに同項第二十八号に規定する金融庁長官が定める額は、複数の通貨関連デリバティブ取引について顧客ごとに一括して算出することができる。この場合における同項第二十七号の規定の適用については、同号中「当該通貨関連デリバティブ取引を」とあるのは「当該顧客が行っている通貨関連デリバティブ取引を」と、「加え、又は」とあるのは「加え、」とする

と規定されています。  これは、『金融庁長官が定める額を算出する場合、FXだけでなく、その他の通貨関連デリバティブ取引をまとめてもいいよ』ということです。

 つまりこれらのことから、『ある一通貨の証拠金率を4%にしなくても、実効レバレッジが4%になるように追証を要求し、追証がなされなければ強制ロスカットすれば良い』という解釈もできると思いますが、本当のところの解釈はどうなるのでしょうか??


 その金融庁長官が定める額については、「金融商品取引業等に関する内閣府令第百十七条第一項第二十七号及び第二十八号に規定する額を指定する件」の告示に規定されることになり、それによれば、『当該各号に定める額に百分の四を乗じて得た額又は当該額に外国為替相場の変動を適切に反映させた額とす該各号に定める額』と規定されていますが、4%じゃなくても『外国為替相場の変動を適切に反映させた額』でもいいのですが、『外国為替相場の変動を適切に反映させた額』とする場合、そのことを具体的に説明しなくてはならないので、基本的には4%になるのでしょう。

 もう少し内容を吟味してみたいと思います。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログランキングに参加中です。この記事が役に立ったと思われた方はクリックをお願いします。 にほんブログ村 為替ブログへ BlogRanking ブログ為替レート クチコミFX FXランキング

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FX事業者
店頭取引
外為オンライン
FOREX.COM
FX ブロードネット
カブドットコム証券
外為ジャパン
AVAトレードジャパン
DMM FX
アイネットFX
マネーパートナーズ
フィリップ証券
JFX
みんなのFX
マネースクエアジャパン
インヴァスト証券
 
LION FX
GMO
取引所取引
インヴァスト証券
FXブロードネット
GMOクリック証券
 
Powered By FC2ブログ
 


Archive   RSS   Login

メンズコスメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。